復讐するは我にあり(読み)フクシュウスルハワレニアリ

デジタル大辞泉の解説

ふくしゅうするはわれにあり〔フクシウするはわれにあり〕【復讐するは我にあり】

佐木隆三長編小説。1960年代に発生した連続殺人事件「西口彰事件」を題材とする。昭和50年(1975)刊行。同年、第74回直木賞受賞。
を原作とする映画。今村昌平監督、昭和54年(1979)公開。第53回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。第3回日本アカデミー賞最優秀作品賞、第22回ブルーリボン賞作品賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

復讐するは我にあり

1979年公開の日本映画。監督:今村昌平、原作:佐木隆三による同名の直木賞受賞小説、脚本:馬場当、録音:吉田庄太郎。出演:緒形拳三國連太郎、ミヤコ蝶々、倍賞美津子小川真由美清川虹子、殿山泰司ほか。5人を殺害した西口彰事件をモチーフとする。第53回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第3回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀助演女優賞(小川真由美)受賞。第22回ブルーリボン賞作品賞、監督賞、助演男優賞(三國連太郎)、助演女優賞(倍賞美津子)受賞。第34回毎日映画コンクール脚本賞、録音賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報