コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復讐劇 ふくしゅうげきrevenge play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復讐劇
ふくしゅうげき
revenge play

殺害された肉親や恋人のための復讐をテーマとした悲劇セネカの悲劇を範として,流血や権謀術数のなかで物語が展開,エリザベス朝時代に人気を呼んだ。代表作は T.キッドの『スペインの悲劇』 (1589頃) ,C.ターナーの『復讐者の悲劇』 (1607) ,G.チャップマンの『ビュッシ・ダンボア』 (10頃) など。復讐者の内的葛藤を内省的な思索を通じてとらえたシェークスピアの『ハムレット』 (1600頃) などもこの系統に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

復讐劇の関連キーワードその男が憎らしい~裏切りと屈辱の果てに~ターナー(Cyril Tourneur)その女が恐ろしい~屈辱と復讐の果てに~スカーレットレター~裏切りの代償~もう止まらない~涙の復讐~ピンクのリップスティックチャンファ、ホンリョンレディー・マスカレードリドリー スコットオレステイア三部作糟糠の妻クラブタランティーノ女を知らないオレステイアアウトローアリスの棘迷わないで天使の誘惑チェトルへび少女

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復讐劇の関連情報