コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復讐劇 ふくしゅうげきrevenge play

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復讐劇
ふくしゅうげき
revenge play

殺害された肉親や恋人のための復讐をテーマとした悲劇セネカの悲劇を範として,流血や権謀術数のなかで物語が展開,エリザベス朝時代に人気を呼んだ。代表作は T.キッドの『スペインの悲劇』 (1589頃) ,C.ターナーの『復讐者の悲劇』 (1607) ,G.チャップマンの『ビュッシ・ダンボア』 (10頃) など。復讐者の内的葛藤を内省的な思索を通じてとらえたシェークスピアの『ハムレット』 (1600頃) などもこの系統に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

復讐劇の関連キーワードターナー(Cyril Tourneur)その男が憎らしい~裏切りと屈辱の果てに~その女が恐ろしい~屈辱と復讐の果てに~スカーレットレター~裏切りの代償~もう止まらない~涙の復讐~ピンクのリップスティックレディー・マスカレードチャンファ、ホンリョンリドリー スコットオレステイア三部作タランティーノ糟糠の妻クラブ女を知らないオレステイアアリスの棘アウトロー迷わないで天使の誘惑神の天秤チェトル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

復讐劇の関連情報