コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳力富吉郎 とくりき とみきちろう

2件 の用語解説(徳力富吉郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳力富吉郎

木版画家。京都生。京美工卒後、土田麦僊塾に学び、日本画で国展樗牛賞・国画賞を受賞する。一方、自画・自刻・自摺りによる創作木版画を手がけ、平塚運一棟方志功らと同人誌「版」を、麻田弁自らと「大衆版画」を発行した。版画制作所を設立し浮世絵方式による量産も行う。ニューヨーク等海外個展多数開催。勲四等瑞宝章受章、京都市文化功労賞受賞。代表作に全紙判版画「京百景」等がある。茶人・粋人としても著名。平成12年(2000)歿、98才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳力富吉郎 とくりき-とみきちろう

1902-2000 昭和-平成時代の版画家。
明治35年3月22日生まれ。西本願寺絵所12代。土田麦僊(ばくせん)に日本画をまなび,昭和3年国画創作協会展で樗牛(ちょぎゅう)賞。また創作木版画を手がけ,4年平塚運一,棟方志功らと同人誌「版」,6年麻田弁自(べんじ)らと「大衆版画」を刊行。21年版画制作所を設立,産業的な版画の量産もはじめる。陶画,洋画も制作した。平成12年7月1日死去。98歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳力富吉郎の関連キーワード畦地梅太郎小野忠重中林忠良旭正秀飯野農夫也斎藤カオル菅野陽橋本興家馬淵聖南桂子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone