コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳翁良高 とくおう りょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳翁良高 とくおう-りょうこう

1649-1709 江戸時代前期-中期の僧。
慶安2年8月生まれ。曹洞(そうとう)宗。木庵性瑫(もくあん-しょうとう),鉄眼道光(てつげん-どうこう)らにまなび,加賀(石川県)大乗寺月舟宗胡(げっしゅう-そうこ)の法をつぐ。下総(しもうさ)正泉寺(千葉県),備中(びっちゅう)(岡山県)定林寺などの住持をつとめた。備中西来寺を再興し,また円通寺の開山(かいさん)となる。宝永6年2月7日死去。61歳。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳翁良高の関連キーワード円通寺(岡山県)黙子素淵頑極官慶嶺南秀恕梅峰竺信良高

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android