コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳翁良高 とくおう りょうこう

1件 の用語解説(徳翁良高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳翁良高 とくおう-りょうこう

1649-1709 江戸時代前期-中期の僧。
慶安2年8月生まれ。曹洞(そうとう)宗。木庵性瑫(もくあん-しょうとう),鉄眼道光(てつげん-どうこう)らにまなび,加賀(石川県)大乗寺月舟宗胡(げっしゅう-そうこ)の法をつぐ。下総(しもうさ)正泉寺(千葉県),備中(びっちゅう)(岡山県)定林寺などの住持をつとめた。備中西来寺を再興し,また円通寺の開山(かいさん)となる。宝永6年2月7日死去。61歳。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳翁良高の関連キーワード福田鞭石斎部伊紀江志知辰吉良義叔小林養仲金剛三九郎治郎兵衛柘植善九郎貞陸山田甚八

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone