コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心因性難聴(ヒステリー性難聴) しんいんせいなんちょうひすてりーせいなんちょう

家庭医学館の解説

しんいんせいなんちょうひすてりーせいなんちょう【心因性難聴(ヒステリー性難聴)】

[どんな病気か]
 精神的なストレスをきっかけとして、急に聞こえが悪くなる病気で、めまい感や耳鳴(みみな)りをともなうこともあります。
 検査でも自覚症状以外の病変は認められず、一種のヒステリー反応と考えられ、思春期の女性に多くみられます。
[検査と診断]
 難聴は、片側だけのことも、両側のこともあって、聴力検査を行なうと、中等度から高度の難聴を示します。検査結果が一定でなかったり、検査結果間に矛盾が生じることや、他覚的聴力検査が正常であることなどから診断されます。
[治療]
 精神的な背景を調べ、原因となった問題を解決することが必要で、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)だけではなく、精神科でのカウンセリングが必要になることもあります。再発予防のためには、過度のストレスを避け、心身の安静を保つことがたいせつです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報