目眩/眩暈(読み)メマイ

デジタル大辞泉の解説

め‐まい〔‐まひ〕【目×眩/眩暈】

目が回ったり、くらんだりすること。回転・昇降・傾斜などを感じるものは平衡感覚の異常により、立ちくらみのものは血行障害により起こる。げんうん。
[補説]作品名別項。→眩暈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐くらまし【目眩】

〘名〙 手品。また、手品師
※俳諧・難波草(1671)秋「夕霧の露や品玉くらまし〈卜心〉」
※和漢三才図会(1712)一六「幻戯(メクラマシ) 俗云、目久良末之、今云魔法」

め‐くら・む【目眩】

〘自マ五(四)〙 目がくらむ。めまいがする。
※ガダルカナル戦詩集(1958)〈井上光晴〉「ドレズドフ参謀は目くらむような意外な動揺を感じた」

め‐く・る【目眩】

め‐くるめ・く【目眩】

〘自カ五(四)〙 目がくらむ。めまいがする。めくるべく。めくらめく。
※古本説話集(1130頃か)六四「めくるめく心地すれば」
※浄瑠璃・出世景清(1685)道行「むざんやな小野の姫息もはやたへだへに、心も乱れめくるめき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の目眩/眩暈の言及

【幻術】より

…目眩(めくらまし)ともいい,人の目をくらます術である。その術師を眩人(幻人)といったが,妖術,忍術,魔法,外法(げほう),あるいは奇術,手品を含み,もともと西域に起こったもので唐を通じて伝来し,天平時代にはかなり盛んになっていた。…

※「目眩/眩暈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報