コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目眩/眩暈 メマイ

デジタル大辞泉の解説

め‐まい〔‐まひ〕【目×眩/眩暈】

目が回ったり、くらんだりすること。回転・昇降・傾斜などを感じるものは平衡感覚の異常により、立ちくらみのものは血行障害により起こる。げんうん。
[補説]書名別項。→眩暈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の目眩/眩暈の言及

【幻術】より

…目眩(めくらまし)ともいい,人の目をくらます術である。その術師を眩人(幻人)といったが,妖術,忍術,魔法,外法(げほう),あるいは奇術,手品を含み,もともと西域に起こったもので唐を通じて伝来し,天平時代にはかなり盛んになっていた。…

※「目眩/眩暈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

目眩/眩暈の関連キーワードラテンアメリカ文学眩く・転く幻術うど撲然

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android