コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心房中隔欠損(症) しんぼうちゅうかくけっそんしょう Atrial Septal Defect(ASD)

1件 の用語解説(心房中隔欠損(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんぼうちゅうかくけっそんしょう【心房中隔欠損(症) Atrial Septal Defect(ASD)】

[どんな病気か]
 心房中隔(図「心房中隔欠損症」)の形態異常で、一部に孔(あな)が開いている場合も、中隔全部が欠けている場合もあります。全部が欠けているものは単心房(たんしんぼう)ともいいます。
 乳児の心房中隔には、卵円孔(らんえんこう)という小さな孔が開いていて、超音波検査でみつかり、心房中隔欠損と診断されることがあります。この卵円孔は、1歳までにほとんどが自然に閉じるので治療の必要はありません。
[治療]
 心房中隔欠損が大きい場合は、成人になってから、不整脈肺高血圧、僧帽弁(そうぼうべん)の逸脱や逆流をおこすので、小児期に手術を終えておいたほうがいいとされています。
 治療の対象となる孔の大きさに基準はないのですが、現在のところ、肺血流量が、体循環量の2倍以上であれば、手術をしたほうがいいとされています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

心房中隔欠損(症)の関連キーワード心房僧帽弁狭窄症右心室右心房左心室左心房何心地ANPメイズ手術心房性ナトリウム排泄促進ペプチド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone