コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心房中隔欠損(症) しんぼうちゅうかくけっそんしょうAtrial Septal Defect(ASD)

家庭医学館の解説

しんぼうちゅうかくけっそんしょう【心房中隔欠損(症) Atrial Septal Defect(ASD)】

[どんな病気か]
 心房中隔(図「心房中隔欠損症」)の形態異常で、一部に孔(あな)が開いている場合も、中隔全部が欠けている場合もあります。全部が欠けているものは単心房(たんしんぼう)ともいいます。
 乳児の心房中隔には、卵円孔(らんえんこう)という小さな孔が開いていて、超音波検査でみつかり、心房中隔欠損と診断されることがあります。この卵円孔は、1歳までにほとんどが自然に閉じるので治療の必要はありません。
[治療]
 心房中隔欠損が大きい場合は、成人になってから、不整脈、肺高血圧、僧帽弁(そうぼうべん)の逸脱や逆流をおこすので、小児期に手術を終えておいたほうがいいとされています。
 治療の対象となる孔の大きさに基準はないのですが、現在のところ、肺血流量が、体循環量の2倍以上であれば、手術をしたほうがいいとされています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

心房中隔欠損(症)の関連キーワード胎児性アルコール症候群ストレートバック症候群アイゼンメンゲル複合心内膜床欠損(症)肺静脈還流異常症先天性心臓病先天性心疾患肺高血圧症心臓奇形心臓外科三心房症心臓病

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android