コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心月輪 しんがちりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心月輪
しんがちりん

仏教用語。密教金剛界法修法のとき,行者みずからの肉団心 (心臓) を円明無垢の月輪であると観じること。清らかに輝く満月は浄菩提心のたとえであるから,観念のなかで満月の姿が完成したとき,自己の菩提心も清浄になり仏の悟りの本体と同一になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しんげつりん【心月輪】

新潟の日本酒。酒名は、当地が良寛和尚終焉の地であることから「心は月のごとく円く清らかに」を意味する和尚の書にちなみ命名。純米吟醸酒純米酒、特別本醸造酒、本醸造酒がある。原料米は五百万石。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「池浦酒造」は天保元年(1830)創業。所在地は長岡市両高。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心月輪の関連情報