心機一転(読み)しんきいってん

四字熟語を知る辞典「心機一転」の解説

心機一転

あることをきっかけに、気持ちをすっかり入れ替えること。

[活用] ―する。

[使用例] 我ながら馬鹿気た事を思ったものだと、純一心機一転して[森鷗外*青年|1910~11]

[使用例] 心機一転、人生の再出発をなさったらいかがでしょう[安部公房*他人の顔|1964]

[解説] 「心機」は心の動き・働き、気持ち。「一転」はがらりと変わること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「心機一転」の解説

しんき‐いってん【心機一転】

〘名〙 ある事をきっかけに、気持がすっかり変わること、また、変えること。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉八四「狼狽(うろたへ)愕く其中に心機一転、ゑゑ死ぬまじと思ひし事やら思はずしてやら」
※青年(1911)〈森鴎外〉一七「純一は心機一転(シンキイッテン)して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android