コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変(わ)る カワル

デジタル大辞泉の解説

かわ・る〔かはる〕【変(わ)る】

[動ラ五(四)]《「代わる」と同語源》
物事の形やようすなどが今までと違った状態になる。
㋐ある状態から他の状態に移る。変化する。「規約が―・る」「顔色が―・る」
㋑年月などが改まる。「月が―・る」「時代が―・る」
ある場所・方向から他の場所・方向へ動く。「住まいが―・る」「別の会社に―・る」「風向きが―・る」「席を―・る」
(多く「かわった」「かわっている」の形で)普通と比べて異なっている。一般的、標準的なものと違っている。「―・った趣向」「あの人は一風―・っている」
物事と物事との間に違いがある。異なる。「何ら動物と―・るところがない」「所―・れば品―・る」
相撲などで、相手にぶつからないように身をかわす。「右に―・ってはたき込む」
[可能]かわれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

変(わ)るの関連キーワードストロンチウム・イエローカール・フィッシャー試薬デヒドロコレステロール炭酸水素ナトリウムヨウ化アンモニウムウルシグサ(漆草)イロガワリトカゲエルゴステロールシュミット反応シュタルク効果コンゴーレッドカメレオン繊維オザラ国立公園ディーワーリーペプシノーゲン臨界融合頻度細隙灯顕微鏡プロブナンスプロビタミンクレアチニン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変(わ)るの関連情報