コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心高し ココロダカシ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐だか・し【心高し】

[形ク]《「こころたかし」とも》
志が高い。また、人柄が高潔である。気高い。
「世の中を―・くも厭(いと)ふかな富士の煙を身の思ひにて」〈新古今・雑中〉
気位が高い。高慢である。
「身のほども知らず、―・くおごり」〈無名抄
目のつけどころがよい。
「井手のしがらみと置かれたるは―・きに」〈千五百番歌合・一七・判詞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころたかし【心高し】

( 形ク )
理想が高い。志が高い。 「はかなき夢に頼みをかけて-・く物し給ふなりけり/源氏 若菜上
自尊心が強い。高慢だ。 「世に知らず、-・くおもへるに/源氏 須磨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心高しの関連キーワード自尊心源氏須磨

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android