溌剌(読み)はつらつ

精選版 日本国語大辞典「溌剌」の解説

はつ‐らつ【溌剌・溌溂・剌】

〘形動タリ〙
① 魚が元気よくとびはねるさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・暮春偶吟〈藤原茂明〉「碧水浪清魚抜剌、青天雲霽鶴翔」 〔李白‐酬中都小吏攜斗酒双魚於逆旅見贈詩〕
② 元気のよいさま。いきいきとしているさま。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一〇「あまりに(ハツラツ)たる宇宙の刺激に堪えなくなった頭を、出来るならば、蒼い色の付いた、深い水の中に沈めたいに思った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「溌剌」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android