溌剌(読み)はつらつ

精選版 日本国語大辞典「溌剌」の解説

はつ‐らつ【溌剌・溌溂・剌】

〘形動タリ〙
① 魚が元気よくとびはねるさま。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・暮春偶吟〈藤原茂明〉「碧水浪清魚抜剌、青天雲霽鶴翔」 〔李白‐酬中都小吏攜斗酒双魚於逆旅見贈詩〕
② 元気のよいさま。いきいきとしているさま。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一〇「あまりに(ハツラツ)たる宇宙の刺激に堪えなくなった頭を、出来るならば、蒼い色の付いた、深い水の中に沈めたいに思った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「溌剌」の解説

はつ‐らつ【××剌/××溂/××剌】

[ト・タル][文][形動タリ]
生き生きとして元気のよいさま。「―とした声」「生気―たる若者」
魚が飛び跳ねるさま。
御贄みにへの錦鱗徒らに湖水の浪に―たり」〈太平記・九〉
[類語]元気士気精気意気志気景気軒昂けんこう盛ん旺盛衝天鬱勃清新澎湃ほうはい血気盛んきゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち生き生き活発生生せいせいおきゃんおちゃっぴいおませおしゃま快活精彩活動的動的精力的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのよう情熱的意欲的熱狂的熱情的白熱的激越狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐパッショネートホットエネルギッシュバイタリティービビッドフレッシュ瑞瑞みずみずしい新鮮生鮮生新初初ういういしい最新トレンディー新た目新しい斬新最先端真っさら出来立てほやほや新味新風新品生き活気新進新進気鋭新鋭新星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android