元気(読み)げんき

精選版 日本国語大辞典「元気」の解説

げん‐き【元気】

〘名〙
天地間に広がり、万物が生まれ育つ根本となる精気
※性霊集‐二(835頃)大和州益田池碑「気倏動、葦牙乍驚」 〔漢書‐津歴志〕
② 活動のみなもとになる気力身心の活動力。また、国家や組織が存続する上で必要な活力
※宗鏡寺外九人宛沢庵書簡‐寛永一四年(1637)一一月一七日「然ども根本元気の虚にて候由、いしゃ衆も被申候」
③ (形動) 体の調子がよくて健康なこと。気力、勢力が盛んなこと。また、そのさま。
日葡辞書(1603‐04)「Guenqina(ゲンキナ)、または、guẽqini(ゲンキニ) ゴザル」
④ (━する) 病気がなおること。健康が回復すること。減気。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)四「正和五年の夏左吉病に犯れて月を超て元気(ゲンキ)す」
[補注]中国の文献に出典を持つ語であるが、③④のような意味が生まれるにあたって、和製漢語「減気」との関わりを指摘する説がある。「減気」は、病気したあとの回復を意味したので、「元気」と類義になったという事情が考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「元気」の解説

げん‐き【元気】

[名・形動]
心身の活動の源となる力。「元気が出る」「元気横溢おういつ
体の調子がよく、健康であること。また、そのさま。「元気な子供」「お元気ですか」
天地の間にあって、万物生成の根本となる精気。
[派生]げんきさ[名]
[類語](1活気生気精気神気鋭気壮気覇気威勢景気活力精力気力血気/(2ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健康丈夫達者息災健勝頑健健やか壮健健全強壮強健無事矍鑠かくしゃく強い(元気のいいようす)活発溌剌はつらつ生生せいせい生き生きぴちぴちきゃぴきゃぴいけいけのりのりおきゃんおちゃっぴいおませおしゃま快活精彩活動的動的精力的ダイナミックエネルギッシュエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタル情熱的意欲的熱狂的熱情的白熱的激越狂熱熱烈烈烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタリティービビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「元気」の解説

【元気】げんき

天地の本原の気。〔春秋繁露王道〕王なるは人の始めなり。王正しければ則ち元氣和順にして、風雨時あり。景星見(あら)はれ、下る。

字通「元」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android