コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元気 ゲンキ

デジタル大辞泉の解説

げん‐き【元気】

[名・形動]
心身の活動の源となる力。「元気が出る」「元気横溢(おういつ)」
体の調子がよく、健康であること。また、そのさま。「元気な子供」「お元気ですか」
天地の間にあって、万物生成の根本となる精気。
[派生]げんきさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんき【元気】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
活動のもとになる気力。また、いきいきとして活力の盛んなさま。 「 -がある」 「 -を出す」 「 -に歌う」 「 -な子」
国家などが存続・発展するための、もとになる力。 「苟も国家の-たるべき青年諸君を侮辱するとは/社会百面相 魯庵
体に悪い所がないさま。健康。 「 -で暮らす」 〔「お元気(ですか)」などの形で、人に会った時に、また、「お元気で」の形で人と別れる時に挨拶の言葉としても用いる〕
中国の宇宙生成論で、万物生成の根本となる精気。 〔
は「げんき(減気)」から出た語〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

元気の関連キーワード世界から猫が消えたなら幽霊の浜風に逢ったよう愛知県豊田市旭八幡町埼玉県秩父市上吉田リフレッシュメント冷や水を浴びせるじゅん&ネネ末生りの瓢簞気を取り直すしょぼくれる寝る子は育つvigourコマンタレブすしおんどコンブリオ気が滅入る油が切れる力を落とす気を落とす廻鮮日本海

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元気の関連情報