志賀山せい(5代)(読み)しがやま せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀山せい(5代) しがやま-せい

?-1888 江戸後期-明治時代の舞踊家。
4代杵屋(きねや)六三郎の娘。3代志賀山せいの門弟。3代の子富太郎(のちの3代中村仲蔵)と結婚し,名を「せう」から「せん」とあらためた。天保(てんぽう)14年(1843)仲蔵と離婚。その際,志賀山流家元をゆずられ,13代となる。明治21年12月21日死去。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android