忠実義務(読み)チュウジツギム

デジタル大辞泉の解説

ちゅうじつ‐ぎむ【忠実義務】

職務などを忠実に行う義務のこと。会社法第355条では、取締役が株式会社のために、職務を忠実に行う義務があることを定めている。
[補説]注意義務と忠実義務の関係については、両同質とする説と異質であるとする説があり、後者では利益相反行為の禁止と競業避止義務(同356条)等が、取締役に限定して課される具体的な忠実義務とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の忠実義務の言及

【取締役】より

…代表権はないが会社内部の業務執行を分担する取締役(業務担当取締役)を取締役会の決議で選ぶこともできる。 取締役は,会社したがって株主全体の利益になるように,その職務を遂行しなければならない(忠実義務。254条ノ3)。…

※「忠実義務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠実義務の関連情報