競業避止(読み)キョウギョウヒシ

  • きょうぎょうひし キャウゲフ‥
  • きょうぎょうひし〔キヤウゲフ〕

大辞林 第三版の解説

一定の者に対し、特定の者と同種の営業を営んだり競争し利益を得ることを禁止すること。商法・会社法上、営業譲渡人、支配人、代理商、取締役、合名会社の社員などは競業避止義務を負う。競業禁止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 支配人、代理商、合名会社の社員、合資会社の無限責任社員、株式会社および有限会社の取締役あるいは営業譲渡人が、営業主、会社あるいは営業譲受人と競争になるような業務や営業をしてはならないこと。競業禁止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

競業避止の関連情報