コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎嶇 キク

デジタル大辞泉の解説

き‐く【×嶇】

[名](スル)険しいこと。容易でないこと。また、辛苦すること。
「万里に流飄(りゅうひょう)し重阻に―す」〈東海散士佳人之奇遇
[ト・タル][文][形動タリ]
山道の険しいさま。「崎嶇たる山路」
世渡りの厳しく困難なさま。
「轗軻(かんか)―たる人生の行路に遭いて」〈透谷・二宮尊徳翁〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きく【崎嶇】

( 形動タリ )
山道のけわしいさま。 「更に-羊膓たる山間を穿うがち/日光山の奥 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android