コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思想警察 しそうけいさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

思想警察
しそうけいさつ

自己の支配にとって危険ないし有害と思われる思想の取締り,弾圧を目的として設置された警察をいう。したがって思想警察は基本的人権としての思想,表現の自由を根底から侵害するものであり,その活動は検閲や情報収集のための諜報活動から体制イデオロギーの浸透を目的とした思想統制にいたるまで,広範囲にわたって行われる。ナチス・ドイツゲシュタポ,旧ソ連のチェカ,日本の特別高等警察などは有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しそう‐けいさつ〔シサウ‐〕【思想警察】

国家体制に反対または批判的な思想を取り締まることを任務とする警察。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しそうけいさつ【思想警察】

反政府的ないし反体制的思想の取り締まりを任務とする警察。戦前の特別高等警察など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思想警察の関連キーワード警察制度改革問題警察国家言論統制Gメン戦前

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思想警察の関連情報