コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恁麼/什麼 インモ

2件 の用語解説(恁麼/什麼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いん‐も【××麼/××麼】

(多く「の」を伴って連体詞的に用いて)疑問を表す。どのよう。いかよう。
「天地と我と―の交渉かある」〈漱石吾輩は猫である
(「に」を伴い副詞的に用いて)指示を表す。このよう。かくのごとく。
「動著は―にあらざるなり」〈正法眼蔵・仏性〉
[補説]もと中国宋時代の俗語。禅宗とともに伝わり、禅僧の間で用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恁麼
いんも

「このような(に)」「そのような(に)」という意味の中国の俗語。いま話題にしている、あるいは顕現している事物の状態をさしていう近称の指示語。同義語に、異没(いも)、伊麼(いも)、与麼(よも)などがある。また、禅宗では、言語によっては表しえない真実が、そのように顕現していることを示す場合にも用いられる。甚麼(じんも)、什麼(じゅうも)は「なんの」「どんな」などの意の疑問詞で、恁麼とは異なる。[伊藤秀憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恁麼/什麼の関連キーワード在りし有るまじき一昨言わずもがな然る可き前広まぜ有りける有るべき時ならず

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone