コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恁麼/什麼 インモ

デジタル大辞泉の解説

いん‐も【××麼/××麼】

(多く「の」を伴って連体詞的に用いて)疑問を表す。どのよう。いかよう。
「天地と我と―の交渉かある」〈漱石吾輩は猫である
(「に」を伴い副詞的に用いて)指示を表す。このよう。かくのごとく。
「動著は―にあらざるなり」〈正法眼蔵仏性
[補説]もと中国宋時代の俗語禅宗とともに伝わり、禅僧の間で用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恁麼
いんも

「このような(に)」「そのような(に)」という意味の中国の俗語。いま話題にしている、あるいは顕現している事物の状態をさしていう近称の指示語。同義語に、異没(いも)、伊麼(いも)、与麼(よも)などがある。また、禅宗では、言語によっては表しえない真実が、そのように顕現していることを示す場合にも用いられる。甚麼(じんも)、什麼(じゅうも)は「なんの」「どんな」などの意の疑問詞で、恁麼とは異なる。[伊藤秀憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

恁麼/什麼の関連キーワード大束万兵衛橋本 恵光南岳懐譲恨み顔

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android