恵比須講(読み)エビスコウ

デジタル大辞泉の解説

えびす‐こう【恵比須講】

陰暦10月20日に恵比須を祭る行事。商売繁盛を祈願して、親類・知人を招いて宴を開く。関西などでは正月10日(十日恵比須)とし、また11月20日に行う地方もある。恵比須祭り 冬》「振売の雁(がん)あはれなり―/芭蕉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えびす‐こう【恵比須講・戎講】

〘名〙
① 陰暦一〇月二〇日に、主として商家で商売繁盛を祝って行なうえびす神の祭。親類、知人を招いて祝宴を開く。また、関西では十日戎(とおかえびす)といって正月一〇日にも行ない、誓文払いの後、一一月二〇日にも行なった。えびすまつり。《季・新年‐冬》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「年中の誓(せい)文を十月廿日のゑびすかうにさらりとしまふ事あり」
② えびす神の祭のために月々金を集める講。
③ 江戸時代、大坂堂島の正米市場で、正米相場を管掌する年行司の称。この行司は米仲買いの中から投票によって三名を一年の期限で選挙し、この三名が月番で毎月一名ずつその事務に当たり、言い合い相場を決定するものとする。
※稲の穂(1842‐幕末頃)「正米惣代の事を、天保寅年御改正までは戎講(えびすこう)と唱へし也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android