コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悟入 ゴニュウ

デジタル大辞泉の解説

ご‐にゅう〔‐ニフ〕【悟入】

[名](スル)
仏語。悟りの境地に入ること。
体験によって物事をよく理解すること。
「人生の苦味酸味を嘗めて来なければ芸道の真諦に―することはむずかしい」〈谷崎春琴抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごにゅう【悟入】

( 名 ) スル
悟りの境地に入ること。
体験を通して深く理解すること。 「北湖先生は凡兆の句によつて-されたり/俳諧師 虚子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悟入の関連キーワード互・五・伍・午・吾・呉・娯・後・御・悟・期・梧・碁・語・誤・護乳・入・柔瑜伽師地論長助法親王禅宗美術貴平親王色道大鏡北畠親子法華三昧天真独朗陸象山俳諧師四門仏語証入衆賢

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android