コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悦堂常喜 えつどう じょうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悦堂常喜 えつどう-じょうき

?-1407 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の通幻寂霊(つうげん-じゃくれい),ついで能登(のと)(石川県)定光寺実峰良秀に師事し,その法をつぐ。毛利元春にまねかれ安芸(あき)(広島県)聖光寺をひらいた。応永14年1月1日死去。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

悦堂常喜の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android