コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報産業用紙 じょうほうさんぎょうようし

1件 の用語解説(情報産業用紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうほうさんぎょうようし【情報産業用紙】

情報の入出力媒体として用いる紙の総称で,情報機器の要求に応じて開発された特殊紙,加工紙が多い。新しい分野であるので分類法は確立していないが,大別してコンピューター用紙,複写用紙,記録用紙に分けられる。コンピューターの入力用として統計カードさん孔テープが用いられていたが,最近はキーボードからの直接入力がふえている。OCR(光学文字読取)紙,OMR(光学マーク読取)紙,BCR(バーコード読取)紙は,原票から直接入力できるので集金伝票などの分野で使用が伸びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

情報産業用紙の関連キーワードI/O入出力ピンジャック懸紙ロール紙コンポーネント端子コンポジット端子D2フルーイディクスmedia

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone