コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報産業用紙 じょうほうさんぎょうようし

1件 の用語解説(情報産業用紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうほうさんぎょうようし【情報産業用紙】

情報の入出力媒体として用いる紙の総称で,情報機器の要求に応じて開発された特殊紙,加工紙が多い。新しい分野であるので分類法は確立していないが,大別してコンピューター用紙,複写用紙,記録用紙に分けられる。コンピューターの入力用として統計カードさん孔テープが用いられていたが,最近はキーボードからの直接入力がふえている。OCR(光学文字読取)紙,OMR(光学マーク読取)紙,BCR(バーコード読取)紙は,原票から直接入力できるので集金伝票などの分野で使用が伸びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone