惚惚(読み)ほれぼれ

精選版 日本国語大辞典の解説

ほれ‐ぼれ【惚惚】

〘副〙 (「ほれほれ」とも。多く「と」を伴って用いる)
① 思考力を失うなど、放心したさまを表わす語。ぼんやり。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「心地もほれほれとして」
② 何かに心を奪われて、うっとりとするさまを表わす語。
※御伽草子・中書王物語(室町時代小説集所収)(室町中)「いつしかはや、御心も、ほれほれとなりて」
③ 深く心を引かれるようなさま、恋い慕いたくなるようなさまを表わす語。
※御伽草子・秋の夜の長物語(南北朝)「ほれほれとみかへりたる目つきかほばせ」
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉四四「上品で、容色(きりゃう)もよくって、女でも惚々(ホレボレ)する位だったんですよ」
[補注](1)「ほる(惚)」は老齢や種々の肉体的精神的衝動のために放心状態となる意で、その重複形である「ほれほれ」も基本的にはぼんやりとした精神状態を指した。
(2)連濁が起こった時期は明らかでないが、江戸期の辞書類では「ほれぼれ」と連濁していることから、中世末から近世中期がその過渡期であったと思われる。

ほけ‐ほけ【惚惚】

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる。「ぼけぼけ」とも)
① ひどくぼんやりしたさま。また、魂をうばわれぼうっとしたさま。
※とりかへばや(12C後)下「おもひわび、心ちもほけほけとして」
② ひどくぼけたさま。老いてもうろくしたさま。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

ほけほけ‐し【惚惚】

〘形シク〙 (「ほけぼけし」とも)
① ひどくぼけている。老いてもうろくしている。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「様ざまにいにしへのあはれなる事も、いささかほけほけしからず仰せらる」
② 心をうばわれてぼんやりしている。ひどくぼうっとしている。
※大鏡(12C前)二「心やすかりし御ありさまのみ恋しく、ほけほけしきまでおぼえさせ給けれど」 〔改正増補和英語林集成(1886)〕
ほけほけし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android