コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁殺 シュウサツ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐さつ〔シウ‐〕【愁殺】

[名](スル)非常に嘆き悲しむこと。また、非常に嘆き悲しませること。しゅうさい。
「水遠く山長く人を―す」〈露伴・露団々〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうさい【愁殺】

( 名 ) スル

しゅうさつ【愁殺】

( 名 ) スル
〔「殺」は強意の助字〕
ひどく嘆き悲しむこと。しゅうさい。 「郎ろうを思ひ郎を恨んで、遂に其-するところと成る/春 藤村

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone