愁殺(読み)しゅうさつ

精選版 日本国語大辞典「愁殺」の解説

しゅう‐さつ シウ‥【愁殺】

〘名〙 (「殺」は意味を強める語) 非常にうれえ悲しむこと。また、この上なく嘆き悲しませること。しゅうさい。
※空華集(1359‐68頃)八・追和旧韻酬済大航「旧年債積如薪、今歳未還愁殺人
※太平記(14C後)一八「似絵に書かせて御覧ぜられしかども、『不言不笑令(シウサツ)』と、武帝の歎き給ひけんも」 〔古詩十九首‐其一四〕

しゅう‐さい シウ‥【愁殺】

読本忠臣水滸伝(1799‐1801)前「我彼花を看上了してより心中頻に愁殺(シウサイ)(〈注〉ハナハダウレフ)し、おもひわすれがたく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「愁殺」の解説

しゅう‐さつ〔シウ‐〕【愁殺】

[名](スル)非常に嘆き悲しむこと。また、非常に嘆き悲しませること。しゅうさい。
「水遠く山長く人を―す」〈露伴・露団々〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「愁殺」の解説

【愁殺】しゆう(しう)さつ

ひどく嘆かせる。岑参胡笳歌、顔真の使してに赴くを送る〕詩 君聞かずや、胡笳(こか)の聲最も悲しきを (しぜん)胡人吹く 之れを吹く、一曲ほ未だらざるに 愁す、樓(ろうらん)征戍(せいじゆ)の兒

字通「愁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる