意気衝天(読み)イキショウテン

大辞林 第三版の解説

意気が天を衝くほど盛んであるの意
大いに意気のあがる状態。 -の勢い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 意気込みが天を突くほどに盛んなこと。意気旺盛なこと。
※兎糞録(1913)〈和田垣謙三〉一五「今日を晴の場と各騎手は意気衝天の有様なるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

意気込みが天を突くほどに盛んなこと。意気旺盛なこと。

[使用例] 紋の丸は、色も青麦である。小鳥は、雲雀ひばりである。幅広と胸に掛けた青白の糸は、すなわち、青天と白雲を心にたいした、意気衝天の表現なのである[泉鏡花*うすこうばい|1939]

[使用例] 従来の国元からの仕送り以外に新らしい収入があるわけではないが、そこを何とか、どうしたのかおたがいにわからないけれど、とり鍋のお酒がまわって来れば意気衝天、げいを呼べとう事になる[内田百閒*日没閉門|1971]

[使用例] へいが意気衝天といった顔でなが剣術道場へやってきました。そしてその小平太の申すには、「屋敷の中に住まっているのは、男子が九十余名に女子が四十余名です。うちっても充分、勝算が立つ」[井上ひさし*ちゅうしんぐら|1985]

[解説] 訓読して「意気天をく」とも言います。意気込みが大いに高まって、天を突くようだということです。
 近代以降に例のあることばですが、鎌倉時代の「しょうほうげんぞう」にも「説法の志気現れて、衝天するなり」(=説法の意気込みが現れて天を突くようだ)と出てきます。つまり「志気衝天」です。「意気衝天」の源流に当たることばでしょう。
 現代語では「意気衝天の勢い」などのフレーズで使われます。「意気天を衝く」の形も一般的です。また、「意気天にちゅうするばかりの勢い」(北もり「輝けるあおき空の下で」)とも言います。「沖する」は高くのぼることです。
 「意気衝天」は一種の誇張表現です。類似の誇張法として、「はつ天を衝く」(=怒って逆立った髪が天を突く)があります。あるいは、高層ビルを「てんろう」と言いますが、これも「天をこするような楼閣」という意味の誇張表現です。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる