愚問賢註(読み)ぐもんけんちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚問賢註
ぐもんけんちゅう

南北朝時代の歌論書。二条良基頓阿の共著。正平 18=貞治2 (1363) 年成立。二条良基の質問に対する頓阿の回答という問答形式をとる。初めに良基の序があり,歌道の根本,心詞の関係,本歌取り,制禁の詞,題詠,歌合,歌病などにつき,二条派の主張を根本としながら,やや自由な態度で説く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐもんけんちゅう【愚問賢註】

歌論書。一巻。二条良基・頓阿共著。1363年成立。良基の問いに対して頓阿が答える形で、歌体・本歌取り・制詞・歌の病やまいなどを二条派の立場から論じたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐもんけんちゅう【愚問賢註】

南北朝時代の歌論書。一巻。頓阿、二条良基著。貞治二年(一三六三)成立。良基の問に頓阿が答える形式で、歌の本質、風体、心詞、本歌取り、歌題、歌病など二九項目について説いたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる