コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚問賢註 ぐもんけんちゅう

2件 の用語解説(愚問賢註の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚問賢註
ぐもんけんちゅう

南北朝時代の歌論書。二条良基頓阿の共著。正平 18=貞治2 (1363) 年成立。二条良基の質問に対する頓阿の回答という問答形式をとる。初めに良基の序があり,歌道の根本,心詞の関係,本歌取り,制禁の詞,題詠,歌合,歌病などにつき,二条派の主張を根本としながら,やや自由な態度で説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐもんけんちゅう【愚問賢註】

歌論書。一巻。二条良基・頓阿共著。1363年成立。良基の問いに対して頓阿が答える形で、歌体・本歌取り・制詞・歌の病やまいなどを二条派の立場から論じたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚問賢註の関連キーワード頓阿草庵集連理秘抄近来風体抄新後拾遺和歌集愚問賢注邦省親王家少将二条師良利阿良阿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone