コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知縮緬かぼちゃ

デジタル大辞泉プラスの解説

愛知縮緬かぼちゃ

愛知県海部郡大治町で生産されるカボチャ。名称は果皮にある独特のひだから。愛知園芸試験場による育成品種。水分が多く、上品な甘さ。煮物に向く。県により「あいちの伝統野菜」に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

愛知縮緬かぼちゃ[果菜類]
あいちちりめんかぼちゃ

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に海部郡大治町・大府市で生産されている。日本かぼちゃの代表品種。戦後、西洋かぼちゃの普及にともなって限られた地域での栽培となった。果実は大きく扁平。果肉は果皮近くが緑色、中心は濃黄色、やや水分が多く、粘性のある肉質。旬は6月〜7月。あいちの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android