コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知芸術文化センター あいちげいじゅつぶんかセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知芸術文化センター
あいちげいじゅつぶんかセンター

1992年 10月名古屋市東区東桜に開館した愛知県の複合文化施設。地下5階,地上 12階建てのビルで,愛知県美術館芸術劇場,文化情報センター,県図書館などから成る。県美術館 (1955開館) は,従来のコレクションである中村彝林武前田寛治などの大正・昭和期の洋画,現代日本画,ブールデルの彫刻など,約 1000点と,郷土出身の工芸家藤井達吉の遺作 1460点などに加え,新しく現在地での開館に際して,クリムト『人生は戦いなり』などが購入された。芸術劇場は,客席数 2500,馬蹄型3層の客席をもつ大ホールと,1800席のコンサート・ホール,330席の小ホールなどから成る。大ホールは日本初の本格的なオペラハウスといわれ,大規模な舞台芸術が可能。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

愛知芸術文化センターの関連キーワードあいちトリエンナーレ愛知県名古屋市東区飯島 宗一東[区]飯島宗一

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知芸術文化センターの関連情報