コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈妙 じみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈妙 じみょう

1291-1368 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)4年4月8日生まれ。天台宗比叡(ひえい)山の尊弁に師事し,顕密二教をきわめる。美濃(みの)(岐阜県)の土岐善忠の帰依(きえ)をうけて天台をひろめ,ついで尾張(おわり)(愛知県)篠木荘に密蔵院をひらく。応安元=正平(しょうへい)23年8月8日死去。78歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗姓は鹿島。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

慈妙 (じみょう)

生年月日:1291年4月8日
鎌倉時代後期;南北朝時代の僧
1368年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

慈妙の関連キーワード南北朝時代生年月日正応

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android