コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇秦 そしん Su Qin; Su Ch`in

6件 の用語解説(蘇秦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇秦
そしん
Su Qin; Su Ch`in

中国,戦国時代の政治家,縦横家。前5~4世紀頃活躍。洛陽の人。の恵王に仕えようとして失敗,に行き合従 (がっしょう) を説き (→合従連衡 ) ,趙,韓,魏,斉,楚の6国同盟を成功させ秦に対抗したが,張儀の連衡策に敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そ‐しん【蘇秦】

中国、戦国時代縦横家。洛陽(らくよう)(河南省)の人。字(あざな)は季子。鬼谷子に学び、遊説家として活躍。に対抗して燕(えん)趙(ちょう)楚(そ)合従(がっしょう)策を説いて同盟させる。張儀連衡策に敗れたのち、斉で殺された。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蘇秦【そしん】

中国,戦国末期の策士。生没年不詳。縦横家の一人で,張儀と併称される。に対抗して六国が同盟する合従(がっしょう)(合従連衡)を提唱,六国の相(大臣)を兼ねたと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そしん【蘇秦 Sū Qín】

中国,戦国の策士。生没年不明。字は季子。東周の雒陽(らくよう)に生まれ,張儀とともに斉の鬼谷先生に雄弁の術を学んだ縦横家(じゆうおうか)の一人。はじめ秦に遊説するが用いられず,のち燕の文侯に任用され,東方六国に説いて合従同盟を締結,秦に対抗した。功により趙の武安(河北省武安県)に封ぜられたが,やがて讒言(ざんげん)を受けて亡命。斉で暗殺されたという。この《史記》の伝える彼の事跡については従来より信憑性が問題になっていたが,近年,馬王堆漢墓から出土した帛書に蘇秦に関する資料が発見されて,《史記》の錯誤がより明確となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そしん【蘇秦】

?~前317) 中国、戦国時代の縦横じゆうおう家。字あざなは季子。洛陽らくようの人。諸国を遊説して合従がつしよう策を唱え、秦に対抗する六国の同盟に成功したが、張儀の連衡策に破られ、斉で暗殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇秦
そしん
(?―前317)

中国、戦国時代の政治家、遊説の士。河南省洛陽(らくよう)の出身。斉(せい)の鬼谷子(きこくし)に師事。初め秦(しん)の恵王に説いたが用いられず、のち燕(えん)の文侯、趙(ちょう)の粛(しゅく)侯、韓(かん)の宣恵(せんけい)王、魏(ぎ)の襄(じょう)王、斉の宣王、楚(そ)の威王にそれぞれ説いて、この六国の連合を成功させた(合従(がっしょう))。六国が縦に並んで結束し、西方の秦に対抗しようとするもので、蘇秦自らが縦約の長となり、六国の相(しょう)を兼ね、縦約の書を秦に送ったため、秦は十数年間東方進出ができなかったといわれる。まもなく張儀(ちょうぎ)のために合従は破られ、のち斉に逃れたが、そこで刺客に殺された。張儀とともに、諸氏百家の一つ縦横(じゅうおう)家に入れられている。しかし、その合従策を記した『史記』巻69蘇秦伝や『戦国策』の記事の事実を疑う学者も多く、合従策の故事は多分に伝説的要素がある。[太田幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蘇秦の言及

【合従連衡】より

…前4世紀後半いらい西方の秦が強大になってくると,東の燕・斉・趙・韓・魏・楚の6国が縦に同盟して秦に対抗する合従策と,秦が6国のそれぞれと単独で同盟を結ぶ連衡策とが重要な外交政策となった。このような策を諸侯に遊説するものを縦横家(じゆうおうか∥しようおうか)とよび,合従策は蘇秦,連衡策は張儀の名が有名である。縦横家には他に蘇秦の弟の蘇代,陳軫(ちんしん),犀首らがあり,くだって漢代の蒯通(かいつう),徐楽,主父偃(しゆほえん)らもその亜流とみなされている。…

【春秋戦国時代】より

…前者を合従策,後者を連衡(連横)策という。蘇秦は合従策を主張し,前333年に趙を中心とする6国の同盟に成功したが,秦は各国の利害の対立を利用して,同盟を瓦解させ,張儀を派遣して連衡を説かせ,外交面でも6国をかく乱する方策をとった。しかも前4世紀末には現在の四川地方から甘粛東部を領有し,豊富な物資と後背地を確保して,東進を強めた。…

※「蘇秦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘇秦の関連キーワード永嘉四霊荊浩戴進季子策士策士策に溺れる張萱范雎生没年『荘子』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘇秦の関連情報