コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憤怒けいれん(泣き入りひきつけ) ふんぬけいれんなきいりひきつけBreath Holding Spells

家庭医学館の解説

ふんぬけいれんなきいりひきつけ【憤怒けいれん(泣き入りひきつけ) Breath Holding Spells】

[どんな病気か]
 急に泣き始めたときに、息を止め、顔やくちびるがしだいに紫色になります(チアノーゼ)。1分程度で治まります。発作(ほっさ)が長引くと手足にけいれんがおこることがありますが、これはまれです。
 自分の思うようにならない、いやなことをされた、痛いなどがきっかけとなっておこりがちです。
 おこるのは、生後3か月から3歳くらいの乳幼児で、成長とともに頻度が減り、やがておこらなくなります。
[検査と診断]
 発作のきっかけがはっきりしていれば特別な検査は必要ありませんが、てんかんと見分けるため、脳波検査が行なわれることもあります。
[治療]
 きっかけをできるだけ避けるようにするだけで、薬による治療は必要ありません。
 やってはいけないことをやってしかられて泣いたときには、おこることが少ないものです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

憤怒けいれん(泣き入りひきつけ)の関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらき小児心身症

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android