懸物状(読み)かけものじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸物状
かけものじょう

懸物押書ともいう。鎌倉,室町時代の訴訟文書所領に関する訴訟で,訴人 (原告) ,論人 (被告) それぞれが,敗訴した場合は所額を相手側に与える旨を約して奉行所に上申した。所領を賭けることから懸物状と呼び,またこのような契約書を押書 (あっしょ,おうしょ) といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かけもの‐じょう〔‐ジヤウ〕【懸物状】

鎌倉・室町時代、訴訟に際し、原告被告の双方が自説の正しいことを示す証拠として、自分の所領を賭ける旨を書いて当局に差し出した文書。懸物押書(かけものおうしょ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かけものじょう【懸物状】

鎌倉・室町時代、武家の所領相論に関して、原告と被告が奉行所に提出した文書。敗訴の場合は争っている所領の一部を相手方に引き渡す旨を書いた誓約の文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android