コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論人 ろんにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

論人
ろんにん

鎌倉~室町時代の裁判用語。被告をさす。原告は訴人と呼ばれた。論人が裁判所に提出する弁論書を支状 (ささえじょう) ,陳状 (ちんじょう) といった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろん‐にん【論人】

中世、訴訟の被告。→訴人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろんにん【論人】

中世の裁判における被告。 「決断所にて-に理を付けらる/太平記 12」 → 訴人

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の論人の言及

【検断沙汰】より

…侍所・六波羅検断方とも,以後は所務沙汰に類似の訴訟手続となる。裁判所から論人(被告)に問状(もんじよう∥といじよう)を発し,三問三答という書面による弁論,対決という口頭弁論を経て判決に至るのが所務沙汰の基本であるが,検断沙汰では直ちに問状召文(もんじようのめしぶみ)を発して論人を出頭させ,書面による訴陳を経て対決,判決に至る。訴状には犯罪発生の日時,場所,事実,論人を含む実行行為者の名を明示する必要があり,匿名の投書はこの制度のなかでは受理されない。…

【所務沙汰】より

…以後,越前・尾張を境として東国は鎌倉の引付方,西国は六波羅探題の引付方,1293年(永仁1)の鎮西探題設置後は九州は探題が管掌し,いずれも終局判決を与えた。
[訴訟手続]
 原告を訴人,被告を論人,訴象対象地を論所という。訴人は訴状を提出し,問注所の所務賦(しよむのくばり)という担当奉行が形式的な要件の欠陥を審査したうえで受理し,賦双紙(くばりそうし)という帳簿に登録し,訴状(申状ともいう)に銘を加え(折りたたんだ訴状の端の裏の部位に案件を示す見出しと年号月日の数字を書くこと),引付方に送付して,訴が裁判所に係属したことになる。…

【召文】より

…ただし,物を徴集するための徴符を召文と呼ぶこともあった。すでに平安時代の検非違使庁においても召符が使用されたが,とくに中世幕府法の訴訟制度において,被訴者=論人(ろんにん)の出頭を命ずる召喚状がよく知られている。それは,制度的には三問三答などの文書審理を経て,訴論人の〈対決〉=口頭弁論を行うためのものであったが,現実には,事柄が検断沙汰=刑事事件にかかわる場合,あるいは論人が強い嫌疑をかけられていたり陳状提出を忌避したりした場合,などに発給されることが多かった。…

※「論人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

論人の関連キーワード事切の御成敗訴状(中世)杉村楚人冠陳方・陳法訴陳に番う黒岩 涙香黒岩涙香鳥居素川所務沙汰検断沙汰三問三答神不滅論福地桜痴島田三郎雑務沙汰柳河春三裁許状問注所和与状懸物状

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

論人の関連情報