コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押書 オウショ

デジタル大辞泉の解説

おう‐しょ〔アフ‐〕【押書】

ある事を履行し、または命令に従うことを誓う文書。誓約状。
鎌倉時代、武家の所領の訴訟に際し、訴人(原告)・論人(被告)が裁判所に提出した誓約書。あっしょ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あっしょ【押書】

契約状の一種。〈あそ〉〈あっそ〉〈あしょ〉とも読む。平安後期から戦国時代にかけてみられる中世に特有の文書形式であるが,その性格はほとんど不明。《沙汰未練書》には〈押書トハ未成事兼入置状也〉とある。用例としては売買貸借契約に伴う押書,あるいは請文に等しい押書がみられる。これらから推すと,押書とは契約の相手に対して,将来において発生しうると予測される契約相手の不利益について,その解決のために果たすべき事項を契約締結時に前もって契約しておく文書といえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうしょ【押書】

〔「あっしょ」とも〕
鎌倉時代、所領についての訴訟をする場合、敗訴の場合には所領を相手方に渡す旨を記して提出した契約状。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押書
あっしょ

懸物状」のページをご覧ください。

押書
おうしょ

懸物状」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の押書の言及

【押書】より

…平安後期から戦国時代にかけてみられる中世に特有の文書形式であるが,その性格はほとんど不明。《沙汰未練書》には〈押書トハ未成事兼入置状也〉とある。用例としては売買貸借契約に伴う押書,あるいは請文に等しい押書がみられる。…

【押書】より

…平安後期から戦国時代にかけてみられる中世に特有の文書形式であるが,その性格はほとんど不明。《沙汰未練書》には〈押書トハ未成事兼入置状也〉とある。用例としては売買貸借契約に伴う押書,あるいは請文に等しい押書がみられる。…

【押書】より

…平安後期から戦国時代にかけてみられる中世に特有の文書形式であるが,その性格はほとんど不明。《沙汰未練書》には〈押書トハ未成事兼入置状也〉とある。用例としては売買貸借契約に伴う押書,あるいは請文に等しい押書がみられる。…

※「押書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

押書の関連キーワード鎌倉時代相手方命令訴人敗訴武家訴訟所領

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android