コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成清博愛 なりきよ ひろえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成清博愛 なりきよ-ひろえ

1864-1916 明治-大正時代の実業家。
元治(げんじ)元年10月生まれ。慶応義塾にまなぶが病気で帰郷九州改進党の結成につとめる。明治35年から大分県速見郡の馬上金山を経営。宇佐参宮鉄道(現大分交通),両豊銀行(現大分銀行)の創立にかかわった。大正4年衆議院議員(政友会)。大正5年1月18日死去。53歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成清博愛の関連キーワード登録記念物大正時代実業家元治

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android