コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或る夜の出来事

デジタル大辞泉プラスの解説

或る夜の出来事

1934年製作のアメリカ映画。原題《It Happened One Night》。ロマンティック・コメディの古典的名作。監督:フランク・キャプラ、出演:クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベールほか。第7回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(クラーク・ゲーブル)、主演女優賞(クローデット・コルベール)、脚色賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

或る夜の出来事
あるよのできごと
It Happened One Night

アメリカ映画。1934年作品。フランク・キャプラ監督。映画がトーキー期に入り、新たな活況を呈した1930年代前半、新時代のコメディとして観客の心をつかんだ会心作。家出した大富豪の娘が失業中の新聞記者とともに、不況下のアメリカを背景に珍道中を繰り広げ、そのなかで人生を学び、また恋に落ちていくという物語が、秀抜なギャグシーンとともにスピーディに描かれる。1935年のアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞(クラーク・ゲーブル)、主演女優賞(クローデット・コルベール)、脚本賞(ロバート・リスキンRobert Riskin、1897―1955)を独占した。またこの作品から「スクリューボール・コメディ」というジャンルが生まれ、その後しばらく美男・美女のスター俳優たちが突飛な大騒ぎを繰り広げるコメディがスクリーンをにぎわすことになった。[宮本高晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

或る夜の出来事の関連キーワードコルベール(Claudette Colbert)コロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメントクラウデッテ コルベールフランク キャプラクラーク ゲーブル我が家の楽園喜劇映画木庭博光アダムズ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

或る夜の出来事の関連情報