或る夜の出来事

デジタル大辞泉プラスの解説

或る夜の出来事

1934年製作のアメリカ映画。原題《It Happened One Night》。ロマンティック・コメディの古典的名作。監督:フランク・キャプラ、出演:クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベールほか。第7回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞(クラーク・ゲーブル)、主演女優賞(クローデット・コルベール)、脚色賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

あるよのできごと【或る夜の出来事】

It Happened One Night》米国の映画。1934年作。監督はキャプラ。主演はゲーブル。乗合バスの中で知り合った大富豪の娘と失業中の新聞記者が恋に落ちる恋愛喜劇。第7回米国アカデミー賞で5部門を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

或る夜の出来事
あるよのできごと
It Happened One Night

アメリカ映画。1934年作品。フランク・キャプラ監督。映画がトーキー期に入り、新たな活況を呈した1930年代前半、新時代のコメディとして観客の心をつかんだ会心作。家出した大富豪の娘が失業中の新聞記者とともに、不況下のアメリカを背景に珍道中を繰り広げ、そのなかで人生を学び、また恋に落ちていくという物語が、秀抜なギャグシーンとともにスピーディに描かれる。1935年のアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞(クラーク・ゲーブル)、主演女優賞(クローデット・コルベール)、脚本賞(ロバート・リスキンRobert Riskin、1897―1955)を独占した。またこの作品から「スクリューボール・コメディ」というジャンルが生まれ、その後しばらく美男・美女のスター俳優たちが突飛な大騒ぎを繰り広げるコメディがスクリーンをにぎわすことになった。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android