コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争と平和の法について せんそうとへいわのほうについてDe jure belli ac pacis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦争と平和の法について
せんそうとへいわのほうについて
De jure belli ac pacis

H.グロチウスの代表的著作。 1625年刊。三十年戦争の悲惨をまのあたりにし,戦争を規制する法の存在を明らかにすることを主たる動機として執筆された。自然法思想に基づいて書かれた本書は,近代国際法学の基礎をなし,グロチウスは本書によって「国際法の父」あるいは「自然法の父」と呼ばれた。3巻から成り,第1巻では戦争と法の概念,戦争の正当性とその種別,第2巻では戦争の正当原因としての防衛,回復,刑罰,第3巻では諸国民の法の上での正式戦争,緩和,戦争における制約などが論じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

戦争と平和の法についての関連キーワードJamesジェームズチャールズ1世エリザベス朝ジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]ジェームズ1世フェルディナント3世マウリッツ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android