コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房州石 ぼうしゅういし

4件 の用語解説(房州石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房州石
ぼうしゅういし

千葉県房総半島産の砂質凝灰岩の石材名。鋸山産のものが特に著名で,大規模に採掘されている。新第三紀鮮新世末期頃の上総層群下部の火砕岩で,軽石混じりの砂質凝灰岩が多い。大谷石に似ているが石材の性質は大谷石に劣る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼうしゅう‐いし〔バウシウ‐〕【房州石】

千葉県、房総地方から産する石材。白色の凝灰質砂岩で、鋸山(のこぎりやま)産のものが有名。土木・建築に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅういし【房州石】

千葉県房総半島南西部から産する凝灰岩。白色で耐久性に乏しい。石垣などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

房州石
ぼうしゅういし

房総(ぼうそう)半島南部の各地で採石された凝灰岩の石材名。千葉県富津(ふっつ)市と鋸南(きょなん)町の境にある鋸(のこぎり)山周辺のものがよく知られているが、これは新生代新第三紀鮮新世の地層のものである。石質は粗く軟質で、淡褐色ないし黄褐色を呈し、大谷石(おおやいし)などに比べるとその石質は劣るが、産地が東京に近いために、おもに千葉県から東京周辺にかけて土木用に利用された。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の房州石の言及

【鋸山】より

…砂質凝灰岩の岩峰がのこぎりの歯のように連なり,古くから東京湾に入る船の目印とされてきた。江戸時代以来,房州石,金谷石の名で知られた建築用石材を産したが,大谷石の進出で衰退した。山頂には〈地蔵のぞき〉と呼ばれる石切場の絶壁や見晴しのよい十州一覧台があり,南腹に行基創建と伝える日本寺や,近世末に上総国の石匠大野甚五郎が刻んだ東海千五百羅漢がある。…

※「房州石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

房州石の関連キーワードガラス質凝灰岩石質凝灰岩忍ぶ石房総火山礫質凝灰岩岩質凝灰岩砂質岩凝灰岩白浜〈町〉千倉〈町〉和田〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

房州石の関連情報