コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房州石 ぼうしゅういし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房州石
ぼうしゅういし

千葉県房総半島産の砂質凝灰岩石材名。鋸山産のものが特に著名で,大規模に採掘されている。新第三紀鮮新世末期頃の上総層群下部の火砕岩で,軽石混じりの砂質凝灰岩が多い。大谷石に似ているが石材の性質は大谷石に劣る。耐火力が強いのでかまどの材料に好適。土木工事などの捨石などにも使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅういし【房州石】

千葉県房総半島南西部から産する凝灰岩。白色で耐久性に乏しい。石垣などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

房州石
ぼうしゅういし

房総(ぼうそう)半島南部の各地で採石された凝灰岩の石材名。千葉県富津(ふっつ)市と鋸南(きょなん)町の境にある鋸(のこぎり)山周辺のものがよく知られているが、これは新生代新第三紀鮮新世の地層のものである。石質は粗く軟質で、淡褐色ないし黄褐色を呈し、大谷石(おおやいし)などに比べるとその石質は劣るが、産地が東京に近いために、おもに千葉県から東京周辺にかけて土木用に利用された。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の房州石の言及

【鋸山】より

…砂質凝灰岩の岩峰がのこぎりの歯のように連なり,古くから東京湾に入る船の目印とされてきた。江戸時代以来,房州石,金谷石の名で知られた建築用石材を産したが,大谷石の進出で衰退した。山頂には〈地蔵のぞき〉と呼ばれる石切場の絶壁や見晴しのよい十州一覧台があり,南腹に行基創建と伝える日本寺や,近世末に上総国の石匠大野甚五郎が刻んだ東海千五百羅漢がある。…

※「房州石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

房州石の関連キーワード南房総国定公園千葉県石質石垣

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android