コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手の筋(読み)テノスジ

デジタル大辞泉の解説

て‐の‐すじ〔‐すぢ〕【手の筋】

手の皮膚を通して見える静脈。
手のひらにある筋。手相。てすじ。
2を見てその人の運勢を当てるところから》相手の身の上について、言いあてること。
「笑っている所を見ると―だね」〈紅葉多情多恨
筆跡。筆づかい。また、文字の巧拙の素質。「手の筋がいい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てのすじ【手の筋】

手の皮膚を透かして見える静脈。あおすじ。
てのひらに刻まれた筋。手相。てすじ。 「 -が見てもらひたい/浄瑠璃・道成寺現在蛇鱗」
言い当てること。 「とてものことに-といひたい程に当てられたが/歌舞伎・勧善懲悪覗機関」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android