コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手具体操 しゅぐたいそう

3件 の用語解説(手具体操の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手具体操
しゅぐたいそう

手具を用いて行なう体操。徒手体操器械体操に対していう。新体操棍棒体操,唖鈴体操,メディシンボール体操など。棒,輪,ボール,弓などを使うものもある。日本では 1878年体操伝習所の開設とともに招かれた G.リーランドが指導し,以後明治年間に全国的に行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅぐたいそう【手具体操】

手にいろいろな器具を持って行う体操。亜鈴体操・ボール体操・棍棒体操など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手具体操
しゅぐたいそう

手に各種用具を持って行う体操で、徒手体操、器械体操に対比される。1878年(明治11)体操伝習所が設立され、アメリカ人リーランドが米国式体操を中心に、西欧の遊戯・スポーツを初めて日本に紹介した。リーランドの伝えた体操は、同国の体操家ルイス創案の医療体操系で、亜鈴、球竿(きゅうかん)、木環、豆嚢(とうのう)、棍棒(こんぼう)などを使用する手具体操を中心とした。
 亜鈴体操は長さ30センチメートル、柄の長さ14センチメートルの木製亜鈴を一つずつ両手に持ち、徒手体操的動作のなかで、端と端を打ち合わせたり上挙振をする。亜鈴の重みで運動が振動的になり、リズミカルに練習できる。球竿体操は長さ1メートルの棒を使用する体操。木環体操は直径5インチの木製の環を持って、2人が組んで行い、関節の運動領域を増大する。豆嚢体操は豆を詰めた袋を投げ合い、相互にキャッチする運動。棍棒体操は長さ35~60センチメートル、重さ0.5~1キログラムの棍棒の頭部を握り、手首の回旋を加えながら腕の挙振・回旋を反復する。棍棒の重量を利用して運動領域の増大と筋力の増強がねらいである。
 これら手具体操は、明治期に全国的に普及したが漸次衰微した。その後、国際体操連盟が、「新体操」として、徒手体操のほか、ボール、輪、縄、帯状布を使用する手具体操を女子競技に取り入れ、1984年オリンピック・ロサンゼルス大会から実施された。[上迫忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手具体操の関連キーワード柔軟体操徒手体操平行棒器械体操矯正術手具吊り輪保健体操団体徒手体操スポーツアクロ体操

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手具体操の関連情報