コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手力雄神 たぢからおのかみ

百科事典マイペディアの解説

手力雄神【たぢからおのかみ】

日本神話の大力の神。天手力男命(あめのたぢからおのみこと)とも。天照大神天の岩屋戸に隠れたとき,岩屋戸を開き,その手を取って引き出した。天孫降臨に従い,伊勢の佐那にとどまるという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手力雄神 たぢからおのかみ

記・紀にみえる神。
天岩屋戸(あまのいわやど)にかくれた天照大神(あまてらすおおみかみ)が外の様子をみようとしたとき,岩戸をひいてひきだしたとされる。天手力雄神とも。「古事記」では天手力男神。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たぢからおのかみ【手力雄神】

日本神話にみえる神の名。アメノタヂカラオノカミとも呼ばれる。名義は手の力の強い男神。天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおかみ)が外のようすをうかがおうとしたところを手を取って引き出した。《日本書紀》の一書には,細く開けられた岩戸を大きく引き開けたとある。《古事記》ではさらに天孫降臨のときに随伴して下り,伊勢の佐那之県(さなのあがた)に鎮座したと記している(天孫降臨神話)。この神を祖先神とする後裔氏族はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の手力雄神の言及

【天の岩屋戸】より

…そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。それを怪しみアマテラスが岩屋戸から少し出たところを手力雄神(たぢからおのかみ)がぐいと外に引き出すと,世界はまた照り輝いた。一方,スサノオは追放されたという。…

※「手力雄神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

手力雄神の関連キーワードウェイトリフティング日本神話の神々湯島神社戸隠神社雄山神社思兼神

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手力雄神の関連情報