コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手力雄神 たぢからおのかみ

3件 の用語解説(手力雄神の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

手力雄神【たぢからおのかみ】

日本神話の大力の神。天手力男命(あめのたぢからおのみこと)とも。天照大神天の岩屋戸に隠れたとき,岩屋戸を開き,その手を取って引き出した。天孫降臨に従い,伊勢の佐那にとどまるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手力雄神 たぢからおのかみ

記・紀にみえる神。
天岩屋戸(あまのいわやど)にかくれた天照大神(あまてらすおおみかみ)が外の様子をみようとしたとき,岩戸をひいてひきだしたとされる。天手力雄神とも。「古事記」では天手力男神。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たぢからおのかみ【手力雄神】

日本神話にみえる神の名。アメノタヂカラオノカミとも呼ばれる。名義は手の力の強い男神。天の岩屋戸に隠れた天照大神(あまてらすおおかみ)が外のようすをうかがおうとしたところを手を取って引き出した。《日本書紀》の一書には,細く開けられた岩戸を大きく引き開けたとある。《古事記》ではさらに天孫降臨のときに随伴して下り,伊勢の佐那之県(さなのあがた)に鎮座したと記している(天孫降臨神話)。この神を祖先神とする後裔氏族はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の手力雄神の言及

【天の岩屋戸】より

…そのとき猿女(さるめ)氏の祖天鈿女命(あめのうずめのみこと)が槽(おけ)をふみとどろかし神憑(かみがか)りして,胸乳もあらわに踊り狂ったので神々は大いに笑った。それを怪しみアマテラスが岩屋戸から少し出たところを手力雄神(たぢからおのかみ)がぐいと外に引き出すと,世界はまた照り輝いた。一方,スサノオは追放されたという。…

※「手力雄神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手力雄神の関連キーワード戸隠天の岩屋戸天手力男命手力手力男命天表春命天棚機姫神天之水分神思兼神櫛明玉神

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手力雄神の関連情報