戸隠神社(読み)とがくしじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸隠神社
とがくしじんじゃ

長野県北部,長野市戸隠に鎮座する元国幣小社。戸隠権現ともいう。奥社にアメノタヂカラオノミコト,中社にアメノヤゴコロオモイカネノミコト,宝光社にアメノウワハルノミコト,九頭龍社にクズリュウノオオカミ,火之御子社にアメノウズメノミコトをまつる。嘉祥3 (850) 年の創建と伝えられる。中世には戸隠三千坊と称し,修験道の大道場として栄えた。例祭8月 14~16日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とがくし‐じんじゃ【戸隠神社】

長野市北西部にある神社。祭神は、奥社に天手力男命(あまのたぢからおのみこと)・九頭竜大神、中社に天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)、宝光社に天表春命(あめのうわはるのみこと)。奥社は嘉祥3年(850)の創建という。平安末以来、修験道の道場となり、別当の顕光寺は戸隠三千坊と称されるほど栄えた。戸隠三社。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

戸隠神社【とがくしじんじゃ】

長野県上水内(かみみのち)郡戸隠村(現・長野市)に鎮座。旧国幣小社。戸隠山腹の奥社(祭神は天手力男(あめのたぢからお)命)を本社とし,中社(祭神は八意思兼(やごころおもいかね)命),宝光社(祭神は天表春(あめのうわばる)命)を合わせ,戸隠三社,また戸隠三所権現と称する。もと戸隠山の山岳信仰に発し,中世には修験(しゅげん)道の霊場として栄えた。例祭は奥社が8月15日,中社は8月14日,宝光社は8月16日。
→関連項目手力雄神戸隠山長野[市]火祭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

戸隠神社

長野県長野市戸隠にある神社。奥社、中社、宝光社、九頭龍(くずりゅう)社、火之御子(ひのみこ)社の五社からなる。祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)(奥社)、天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)(中社)、天表春命(あめのうわはるのみこと)(宝光社)、九頭龍大神(九頭龍社)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)(火之御子社)。戸隠山の山岳信仰に基づく修験道の道場から発展。古くは顕光寺と称した。明治期に神仏分離により神社となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とがくしじんじゃ【戸隠神社】

長野県上水内郡戸隠村に鎮座。戸隠山山腹の奥社(奥宮)に天手力雄命,山麓にある中社に天八意思兼(あめのやごころおもいかね)命,宝光(ほうこう)社に天表春(あめのうわばる)命をまつる。奥社に並んで天岩戸守命をまつる九頭竜(くずりゆう)社があり,戸隠山の地主神といわれる。創建は850年(嘉祥3)と伝えるが,戸隠山を霊山とする山岳信仰に基づき,古くより修験の道場とされた。奥社,中社,宝光社の祭神の本地をそれぞれ聖観音,釈迦牟尼仏,将軍地蔵といい,奥社を奥院または本院,中社を中院または富岡院,宝光社を宝光院または福岡院と称し,この3社を戸隠権現,三所権現とよんだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とがくしじんじゃ【戸隠神社】

長野県戸隠にある神社。祭神は天手力男命あまのたぢからおのみこと。中世には修験者の道場として栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸隠神社
とがくしじんじゃ

長野県長野市戸隠に鎮座。奥社に天手力男命(あめのたぢからおのみこと)、九頭竜大神(くずりゅうおおかみ)、中社(ちゅうしゃ)に天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)、宝光(ほうこう)社に天表春命(あめのうわはるのみこと)を祀(まつ)る。例祭は8月14日(中社)、15日(奥社)、16日(宝光社)。7年ごとに式年祭がある。縁起によれば、天手力男命が「吾(われ)天に在(あり)し時抛(なげ)落せる天岩戸(あめのいわと)今科野(しなの)国に留(とどま)り山と成れり、彼(かの)山は則(すなわち)吾霊魂の残れる地なり、彼所に行きて住まん」とこの地に遷座したといわれ、孝元(こうげん)天皇5年が奥社の創祀(そうし)であるという。850年(嘉祥3)両部修験道(しゅげんどう)が開かれたと伝え、中世以来、戸隠三千坊とよばれる隆盛を極め、戸隠権現(ごんげん)とも称した。戦国時代には武田信玄(しんげん)、上杉景勝(かげかつ)の社参・造営があり、徳川幕府は朱印領1000石を寄進した。1869年(明治2)の神仏分離により現社号に改め、90年国幣小社に加列した。社宝の牙笏(げしゃく)(象牙(ぞうげ)製)と戸隠切(ぎれ)で著名な写経『紙本墨書法華経残闕(しほんぼくしょほけきょうざんけつ)』はともに国指定重要文化財。[佐野和史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸隠神社の関連情報