手持無沙汰(読み)テモチブサタ

デジタル大辞泉「手持無沙汰」の解説

てもち‐ぶさた【手持(ち)無沙汰】

[名・形動]することがなくてがもたないこと。また、そのさま。「仕事がないので手持ち無沙汰だ」
[類語]徒然つれづれ徒然とぜん退屈所在ない持て余す無聊ぶりょうひま手透き手明き用無し閑散開店休業寂寥せきりょう寂寞せきばく寂しい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android