寂寥(読み)セキリョウ

デジタル大辞泉の解説

せき‐りょう〔‐レウ〕【寂×寥】

[名]心が満ち足りず、もの寂しいこと。「寂寥感」
「行介は何か淡い―を覚えた」〈山本有三・波〉
[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりとしてもの寂しいさま。「寂寥とした冬景色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきりょう【寂寥】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ものさびしいさま。ひっそりしているさま。寂寞せきばく。じゃくりょう。 「 -の感」 「 -たる黄昏の光の中に/土
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「一婢一僕家内極めて-なれば/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂寥の関連情報