寂寥(読み)セキリョウ

  • じゃくりょう ‥レウ
  • せきりょう ‥レウ
  • せきりょう〔レウ〕
  • 寂×寥

デジタル大辞泉の解説

[名]心が満ち足りず、もの寂しいこと。「寂寥感」
「行介は何か淡い―を覚えた」〈山本有三・波〉
[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりとしてもの寂しいさま。「寂寥とした冬景色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動タリ) (「じゃく」は「寂」の呉昔) ものさびしいこと。ひっそりしていること。また、そのさま。せきりょう。
※三国伝記(1407‐46頃か)一「貧乏寂寥の身なれば、未だ飡飲の一俵をも与えず」
〘名〙 (形動ナリ・タリ) ものさびしいこと。ひっそりしていること。また、そのさま。寂寞。寂寂。じゃくりょう。
※文華秀麗集(818)上・春日大弟雅院〈嵯峨天皇〉「此地端居翫風景、寂寥人事暫無関」
※色葉字類抄(1177‐81)「寂寥 セキレウ」
※如是放語(1898)〈内田魯庵〉「爾(し)かく寂寥(セキレウ)ならざる文壇をも猶ほ寂寥(セキレウ)なりと咳(つぶや)ける読書社会の」 〔楚辞‐九歎・惜賢〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寂寥の関連情報