コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開店休業 カイテンキュウギョウ

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐きゅうぎょう〔‐キウゲフ〕【開店休業】

商店が営業しているのに、が来ないため、休業しているのと同じような状態にあること。また、実質的な活動の伴わないことにもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんきゅうぎょう【開店休業】

店をあけていても客が来ないため商売にならず、休業しているのと同じであること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開店休業の関連キーワード新山ひでや・やすこ経済相互援助会議新山ひでや予算委員会郵便年金商店商売

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開店休業の関連情報