手操網(読み)てぐりあみ

世界大百科事典 第2版の解説

てぐりあみ【手操網】

浮子と沈子のついた囊網・翼網と,翼網に続く長い引網からなる漁網地引網船引網に似た引網。底引寄網ともいう。網の規模は概して小さく,少ない資本で製造できるため全国に普及した。漁法は網を海底に沈めて引き回し,漁船を一定位置にとめて網を順々に手操り寄せ,最後に船上に操り揚げて漁獲する。漁労は沿岸一里くらいの砂泥質漁場で行う。漁獲物はおもにカレイ,ヒラメ,タイ,エビ,カニなどの底魚と雑魚である。操業はもっぱら櫓櫂の力で操船する2人乗りの漁船によった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の手操網の言及

【網漁業】より

…網漁業とは,いうまでもなく漁網を用いて魚を捕る漁業一般をいうが,漁獲技術における位置づけについては〈漁労文化〉の項目に譲り,ここでは日本における網漁業の歴史の概観に限定する。 日本の漁業が産業の一部門と認められるまでに発達したのは江戸時代以降のことである。とくに江戸時代中期以降かなり急速に発達し,幕末期までに代表的な沿岸漁業が出そろい,そのまま明治期に持ち越された。その漁業生産を担った漁具は漁網,釣具,特殊漁具に三大別できる。…

※「手操網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android