コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手細 テボソ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぼそ【手細】

頰(ほお)かぶりなどに用いる絹の布。
「紫の―にて頰かぶりして顔は見せざりき」〈浮・男色大鑑・六〉
腰帯のこと。
「ゆかりの色や紫の、縮緬(ちりめん)―結び下げ」〈松の葉・四〉
江戸で、綿帽子の一種。
京都・大坂で、筒袖襦袢(ジュバン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てぼそ【手細】

絹の、帯状の布。腰帯・ほおかむりなどに用いた。 「紅の-に目を塞ぎ/浮世草子・諸艶大鑑 4
船綿帽子ふなわたぼうし」に同じ。
筒袖、垂領たりくびの、丈の短い衣服。労働着の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手細の関連キーワードワット(James Watt)ハンディクラフト【しん】粉細工桑箒・鍬箒張り子の虎黍殻細工結び下げ黍稈細工浮世草子諸艶大鑑船綿帽子手細工労働着小細工首飾り大坂縮緬襦袢垂領這子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手細の関連情報