コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手組(み) テグミ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぐみ【手組(み)】

手で組むこと。「手組みのゲラ」
軍陣で、数人で組をつくること。隊を組むこと。
「三人―して寄る所を」〈保元・下〉
仲間。連中。
「いつもの―の客まじりに」〈浮・男色大鑑・七〉
物事を行うための手はず。段取り。
「―はかうと智恵のありたけふるひけるに」〈浮・御前義経記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の手組(み)の言及

【頭組】より

…能や長唄の用語で,打楽器の手組(てくみ)の一種。一定の打音と掛声とが一定の順序に配列されたものを手組といい,打楽器の楽句を構成する最小単位であるが,その性格(用途)によって,地ノ類,頭組ノ類,手ノ類などに分けられる。…

【手】より

… 音楽では,(ふし)が声楽面についていうのに対して,手は器楽面についていうことが多く,手付(てつけ)(器楽部分の作曲・編曲。節付に対する),手組(てぐみ)(リズム型ないしその組合せ),手事(てごと),合の手本手(ほんて)と破手(はで)(派手),本手と替手(かえて)などの派生語を生ずる。本手・破手は,三味線組歌における本手組・破手組といった分類の基準となる技法をいい,結果的には声楽面にも及んでいい,本手といって三味線組歌そのものをいうこともある。…

※「手組(み)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手組(み)の関連キーワード黒手組曲輪達引キザミ(刻)下ろし・卸し手組の犬追物太地[町]尾上 佳緑結合か死か一竜斎貞山破手・端手佐山検校柳川検校三段ノ舞虎沢検校馬廻組チラシ幸清流船手組段合せほそりノット

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android