打(ち)切(り)(読み)ウチキリ

デジタル大辞泉の解説

うち‐きり【打(ち)切(り)】

途中でやめにすること。中止。「審議を打ち切りにする」
花札などを、打ち終わること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐きり【打切】

〘名〙
① 物事を途中でいったん終わりにすること。やめにすること。中止
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉一八「此話も〈略〉一先づ此所で打切りに致します」
② 物事のいちばん終わり。最後。
※あの道この道(1928)〈十一谷義三郎〉二「打ち切りの怪談が終ると同時に」
③ 能楽で、太鼓、大・小鼓を打つ手くばりの一種。謡(うたい)の拍子を整えたり、気分を変えたりして、能の流れを軽く引き締めるはたらきをする。
※わらんべ草(1660)四「打切は一拍子也」
④ 花合(はなあわせ)で、手に持った札(ふだ)を残らず打ち終えること。
⑤ 囲碁で、勝負の決着がつくまで打ってしまうこと。
⑥ 下級の売春婦。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)四「もし女の化物(ばけもの)が出たら、〈略〉打切買ったと思うて」
⑦ 漁獲方法の一種。川を簀(す)でせき止め、その下に魚をとるかごを並べて魚を落とし込むようにしたもの。〔随筆・北越雪譜(1836‐42)〕

うち‐き・る【打切】

〘他ラ五(四)〙
① 断ち切る。
※書紀(720)崇峻即位前七月(図書寮本訓)「持たる剣を以て三(みきた)に其の弓を截(チキ)る」
※平家(13C前)九「馬の足にかかりける大網どもをばふつふつとうちきりうちきり」
② 刀で傷つけたり殺したりする。
※今昔(1120頃か)五「乱れ入て此の女共を打ち切り、射る」
③ 物事を途中で終わりにする。中止する。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生と虚空「又とない好機をここで打ち切って」
④ 一定の限度以下にとどめる。
※浄瑠璃・大職冠(1711頃)四「かねてたくみし事なれば、又ひらよみに蒔き直し、五したに打きり」
⑤ カルタで、切札を出して他人の札を押え取る。
※咄本・鹿の巻筆(1686)三「親がうちきろふと云により、二くづした」

ぶち‐き・る【打切】

〘他ラ五(四)〙 たたき切る。勢いよく切る。思い切りよく切り離す。
※歌舞伎・霊験曾我籬(1809)四幕「主人にバッサリと首ぶち切られる敵役」

ぶっ‐きり【打切】

〘名〙
① (形動) たちきること。とぎれること。また、ぶっきらぼうなこと。また、そのさま。
※申楽談儀(1430)能書く様、その二「前後し前後し書くにも、あまりにぶっきりに、継いだるやうには有まじき所をこころふべし」
※雑俳・柳多留‐四八(1809)「一貫がぶっ切りを買ふ鬼子母神」

ぶっ‐き・る【打切】

〘他ラ五(四)〙 (「ぶっ」は接頭語)
① 「きる(切)」の俗語的表現。
甲陽軍鑑(17C初)品四〇上「成敗いづれも甲乙なき物にて、後はぶっきるより外の儀はなし」
② 「つっきる(突切)」の俗語的表現。
滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「あんでもいどばし(江戸橋)さア右イへぶっ切(キッ)てい(行)がっしゃい」

ぶっ‐き・れる【打切】

〘自ラ下一〙 (「ぶっ」は接頭語) 「きれる(切)」の俗語的表現。
※俳諧・やつこはいかい(1667)「国名を望む夏のどうなか ふっきれる刀の鍛冶の参内に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android